結婚するために、結婚指輪もしくは婚約指輪をどのタイミングで渡せばいいの?

結婚は人生のけじめだ!!

男女が共に人生を一生に捧げる儀式こそが結婚式でしょう。どの期間、付き合って結婚するのかはそれぞれのタイミングを見て伺っても問題ないですよ。二人はお互い愛し合ってますもの、二人を祝福しましょう。一体どこでプロポーズしたのか、どのタイミングで結婚指輪もしくは婚約指輪を渡せばいいのか、男女間で考えが違うだけに、難しい問題です。男から結婚を切り出すとして、女はどんな言葉を掛けられるのかを一挙手一投足で逃しませんよね。

結婚指輪を受け取る場所はどこ?

挙式をする場合、結婚指輪を受け取る場所と言えばやっぱり結婚式会場でしょう。大勢の人が見守られる中で、愛を誓い合いますよね。出席者全員が見届け人です。結婚式を挙げた後は、お待ちかねの披露宴です。その時にはキラキラと光っている結婚指輪です。これは誰にも渡さない思いです。自慢できますが、結婚した後に指輪を仕事などで外さないといけない時は紛失しない様に注意しましょう。一からまた作り直したり、購入するのは難しいです。もしも紛失したら、夫婦関係はギクシャクしそうですよね。

結婚指輪は愛を誓い合う

この世に二人だけの結婚指輪です。ほかの人の手に渡らないように、自己管理は大切です。結婚式が終わったら終わりではないでしょう。むしろスタート地点に立ったに過ぎないですよね。結婚式はゴールではありませんから、新たな旅立ちでもあります。結婚指輪が二人の愛の象徴ですから、今後待ち受ける苦難にお互いに立ち向かう覚悟が必要になります。結婚生活が長くなると指輪を外す人が増えてくるそうですが、やはりこの世で二人だけの指輪ですから、お互いにつける方が自然ですよね。

結婚指輪は、二人が夫婦として生きて行くという誓いを形にしたものです。丸く繋がったリングの形が永遠に続く愛情を表します。